<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< どろろ | main | ラッキーナンバー7 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
かもめ食堂
監督:荻上直子
出演者:小林聡美、 もたいまさこ、 片桐はいり、 ヤルッコ・ニエミ
収録時間:102分
レンタル開始日:2006-09-27

Story
人気作家・群ようこの原作を、『バーバー吉野』の荻上直子監督が小林聡美主演により映画化。フィンランドのヘルシンキで「かもめ食堂」を経営する日本人・サチエの前に、ある日ミドリとマサコが現われ、店を手伝い始める。 (詳細はこちら


いい映画を観た後は、なにやらすとんと憑き物が落ちたような爽やかな脱力感を感じる。
久々にエンドロールを眺めながら素直に脱力した。
そして、いい映画を観た後は、感想がなかなか纏まらない。
ただひとこと「なんだか、よかったなぁ」と・・・。

全編に漂う透明な空気感はそれがただ舞台がフィンランドというお国柄というだけではない。
恐らくならばひとつのテーマであるであろう「自分らしさに素直に生きる」が静かにしかし力強く語られているからであろう。

主演、小林聡美はなんともいえない上質な気品を感じさせるが、助演の片桐はいりやもたいまさこのともすれば棘のように突き出しそうな個性も全く嫌味を感じない存在感であり、それは見事な纏まりかたで、役者としての実力というのはかようなものであるのかと改めて実感したしだいである。

新しい出会いは確かに人生というドラマを紡ぎ、ささやかな希望や未来を生み出す糧となる。
誰も近寄らなかった小さなレストランはいづれ満席になり、そこに集う人々の心をもみたした。
そう、一人一人は常に独りかもしれないが、人はけっして独りでは生きていけないのである。

いい映画を観た後は、なにやらすとんと憑き物が落ちたような爽やかな脱力感を感じる。
それはきっと「幻のコーヒー」を飲んだときや思い出せなかった「ガッチャマンの歌」を覚えている人に出会ったときに感じるような感覚なのである。


評価:
Amazonランキング: 250位
| 邦画 ドラマ | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:40 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://f-efu.jugem.jp/trackback/419
トラックバック